あわあわ泡盛

昨日、も一つ庭用にしたこと(もしもし?)

薔薇の蕾に付くというゾウムシ退治用に
唐辛子の焼酎漬けなるものをつくろうかと、うちにあるお酒を物色。
もともと有機農法などでは木酢液に色んなもの(唐辛子や貝や蟹殻、ウコンなど)をつけ込んで応用するらしいのですが、ゾウムシにはこれが良いらしいと「バラの園を夢見て実践編(横のライ」フログなど参照してくださいね)には書いてあったので。
木酢液とて万能ではないのでへキロや緑豊といった生薬
そしてこういうのも平行して使うと効果があるのだそう。
つけ込むのも先に書いたように木酢液でも良いと思うんですけどね。

焼酎もしくはジン、等に唐辛子ひとつかみほど入れてつけ込むこと3ヶ月くらい。
これを薄めてかけると、その匂いに群がってるゾウムシも退散してしまうそう。
それにしても唐辛子っすか?ひ~~~人間でも嫌がりそう!(笑)

でもうちにはあいにく
ヤクザなおじじが止める止めるといいながらちびちび飲んでたらしく
有ると思ってたはずの焼酎があまり残っていなかった。
がっかりしてたら泡盛が残ってた。
とうぜん昔ウワバミのように飲んでたおじじも今はこんな強いお酒は飲めもせず(糖尿その他で直ぐに具合が悪くなるんですな。種類変えたり、飲み過ぎるとね。当たり前だあ!)それなら使って良いよとおばば様からも許可がおりました。
もう私もカッパくんが帰省してるときと正月くらいしか飲まないから、飲む人はもうあまりいませんけどね。。
ふむ。これでも良いのかしらん??
ふとラベル見てみると説明書きに目が止まりまして・・

「低温下でまれに白い濁りが生じますが、これは泡盛の旨味成分である高級脂肪酸エステルです。品質に問題はありませんのでご安心してお飲み下さい」とな・・・

んんん?この「高級」は、どけといて「脂肪酸エステル」と言う名前には見覚えがあるぞよ。
去年買っていた無害の殺菌殺虫剤の成分ではないかな?食品由来と有ったけどこういう事なのか~と密かにほくそ笑む私。
もしかして焼酎より良いカモだわよ?アルコール濃度も40度と高いしね。(ちなみに焼酎は28度くらいだったかかと)熟成期間もアロマオイルで作るミストなどは熟成が6週間だったから、充分間に合うんではなかろうか?うへへのへ。
(だって高いんだよ~~、無害の薬とはいえスプレータイプで特価880円ほど)
ちなみにこれのことですぅ~けっこう高い効果はありました。
匂いもありませんので市販品ではお薦めかも。

かくして。
哀れ行き先の無かった泡盛は、誤飲されないように透明の空き瓶に移され、唐辛子(これも輪切りしかなかった。なんか捜すときにはないよなあ~)を混入され、活躍するときのために琥珀色に染まりながら時を過ごすことになったのでした。
f0074659_814263.jpg

注・写真はイメージ(大嘘)

でも、ゾウムシってどんなんやろ??見たことないで。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-03-12 08:15 | 日常だべ