大人げない事

先日の話。

朝からおじじが怒っていた。
年齢的なものと病を色々持ってるので昔のようにはいかない苛立ちをおばば様によくぶつけている。
・・もうそれはお気の毒なくらい。
まあ、これが大人げないことの発端で。
その日も酷く荒れていた模様。

私が外から帰ってきたときには
既に台所の入り口の戸が外されていた。
おばば様が戸を閉めない、というのに腹を立てて外したんだそうだ。
引き戸だから重いのに・・・ねえ。

で。
その後も私がうらでごそごそしてた間にさらにエスカレートしたらしく
あっちいけ~と言うことになったそうだ。
おじじは視覚障害の上、あれこれ患いがあるので何かと不自由なのと
性格的に人様をこき使う性格だから昔から全面的におばば様がよよりなわけで、いないと出来ないことが多いのだけど
そこは昔の若いときのようにはいかない。出来ない。
それでもいえで仕事をしてるため、若いときと同じ事を要求するのだが、出来るわけがない
それで酷く腹が立つのもあると思うのだけど。
腹が立つのでもう自分で出来るからあっちに行けと言うことだったらしい。
二階に上がって下りてこなくなった。

と言うことで。
そう言うときは私がフォローしに回る。
というか、何度もよびにいかされたのだが、今回はもうさすがもうに二階から下りてこなかったおばば様。毎日こうして罵倒されているのだから、堪忍袋がキレてても当たり前だと思うぞ。
まあ、手伝う仕事は私でも出来ることも多いからまあそれはそれで良いのだが。
私にはあまり罵倒しないのもあり当面、私は受け流しておいた。
犬もくわんケンカには立ち入らないですよ~だ。といっておいて。

それはそれで別によろしい。
毎日罵倒し倒されてるのを耐えているのだから、たまにはほっとけばよろしい。

しかし夕方にはさすがに困ったらしく
ぶつぶつ言いだした。自分でもよびに行ったようだ。
でも下りてこない。
子ども達が帰ってきたのでその方に回って出てこない。

おじじがぶつぶつ言いだした。
でもそのぶつぶつの内容
「なんで戸を閉め無いことを注意したことをこんなに怒られなければならないのか」
ええ、確かにそれだけ聞いたら、ちっとも悪くありませんがね。
「戸を外してやった事も感謝されこそすれ怒られることではないのに」

・・・・・・。

その後にだから殴ってやったとかいうし。

・・・・・さすがにこれにはキレた。

「そうなの?同じことされたら感謝できるんですね?
よう言いましたね、覚えときますからね!」


正しいことを言ったからといって従わない人に
暴言を吐き続けてもいいのか?
暴力をふるっていいのか?
その上、感謝せねばいけんのか?

ああ、感謝するとも、と言っていたが過去においてたてついた方々には
その家族から人間性まで悪くいう事しかなかったと記憶しているが?

私が殴ってやりたかったぞ。
人前だったので、しませんでしたが。

あまりにもその言い方がワカランチンだった。
自分が何もかもそんなに正しいのか?
あまりにも腹が立ったので台所にいた子どもとおばば様の前でブリブリに怒ってしまった。

その後
寝る前にもまだ腹が立つので娘にまた話し
「ええい、こんな人間になるなよ。なんなら覚えといていつかおなじことしたれい!」
といきりたおす私に
「そういうことはしないけど・・
それをおばあちゃんの前で言うのはよくなかったんじゃないの?」
と娘がぴしゃり。

ええそうですよ。
何に一番腹が立つって、
こういう大人げな~~い態度しかなかなかできない人の行為を
受け流せなかった上に子供らに、ぶちまけるというという実に大人げない私に腹が立ったのだよね。
一番腹を立てて、しんどい思いをしてたのはおばば様なのに。

ちなみに
さすがに私も怒ってしまったのが、あからさまだったのと
おばば様が半日粘ったお陰か?
多少反省したらしく、後はご機嫌取りをしていたそうな。

でも、それも切れかけの蛍光灯の様なことで。
同じような事が、くりかされこそすれ、良くなることはないのだよね。
全くこの年代にはよくあることらしいけど・・。

そういう殺伐とした中に思いがちであるのだけど
今はチビが二人の間で寝ていて。
いつのまにやら、おじいちゃん子になってるのもなかな笑えるのだったり。
良い緩和剤になってるご様子ですぞい(笑)
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-03-17 00:12 | 日常だべ