子供とネット。どう向き合うべきか。

最近。
言いだしたのは娘だったんですがお友だちがブログを作ったらしいのと私が色々やってるのも見てうらやましいらしく、自分もブログをやりたいと言いだした。
娘は今度中学なんですが。

巷では、しっかり者と言われる娘のようですが。
はっきり言って、ほわほわの箱入り娘(足サイズ規格外)
今日もすることもない退屈な様子に庭仕事の手伝いするのに
「そこら辺はわいといて!」と指示するも通らず。
「へ?え?はわく??何をどうするの???」
「なにぃ!日本語もわからんのくるぁ~!」と私に罵倒される始末。
(ほうきで掃くって事ですが、もしかしてもしかすると、はわくって方言かえ??

・・・・・。

こんなのが、どうひいき目に見てもとても言葉だけのネットで上手く立ち回れるとは思いがたく・・(滝汗)
結局、あなたにも使えそうな可愛いのを捜してあげるからと、そのまま
ずるずるずる~~っと渋っているのでしたが。

先日のこと。
息子(体格その他規格外)が
どうやら最近一般の掲示板でやってるらしい事へのご指摘を頂きました。
とても配慮頂いたご指摘だったのですが、
先日もチラッと触れたとおり、
いわゆるネチケットなど、考慮できるわけもなく。
ただかきたいことだけを描く息子は
どうやら先方でご迷惑をおかけしてるようでした。
このままでは良いとは思えないので
できれば、どうにかしてあげるにはどうしたらよいでしょうかと締め括られてもいました。

これには正直考え込んでしまいました。

というのが彼の理解力の問題です。
私がリハビリの先生に概念的な言語の理解力について質問したときのこと。
「言葉の理解力は小学校一年くらいって思ったらいいですかね?」
この時に先生は「う~ん」と先ず唸ったのですよね。
この場合、親の欲目は入れず、客観的に見るというよりもむしろ割り引いてみた方が良いだろうなと・・・。
つまり。
彼は出来ることは中学生並みかそれ以上で(注。一番得意なものを指した場合。もちろんそれよりも以下のものがたくさんある)
言葉の理解力になったら全てではないですがものによったら小学校低学年、もしくは幼稚園くらいのものがある、
これがおそらくは客観的な事実でしょう。
これがいわゆる障害というもの。
努力してもなかなか難しい部分という意味です。

おそらく
息子は配慮されたとしても
対応するレベルまでには行ってないと私は思うのです。

で。
今日、確認をしてみました。
「ちょっとここに座ってみてください。
えっとね、パソコンの掲示板に描いてるけれど絵を描くことが楽しいですか?
コメントに返事をもらうことが楽しいですか?
う~んと、絵を描くのが一番楽しいのかな?」
「うん!」(にこにこにこっ。。っと満面の笑み)
「コメントで会話するのより描くのが楽しいのかな?」
「うん!」(にこにこにこにこ・・あ~~・・)
「描いてれば楽しいのかな?」
「うん!」(にこにこにこにこにこ)
「じゃあ、絵が描ければ良いのね?」
「うん!」(にこにこにこにこ・・本気で嬉しそうです。)

あああ・・・。
学校で黒板いっぱいに毎日絵を描く息子。
落書き帳を渡せば一日で数十枚仕上げてしまう息子。
予想はしてましたけど描くのが楽しかったようです。

言葉の内容は「わかってる」と言ってましたが
本当の意味で判ってるのかは甚だ疑問。
それをキャッチボールするには、もっと時間が必要じゃないかと思ってます。
ですが禁止してしまうわけにもいきませんよね。
で。作りました。
彼専用の掲示板。
コメントはなくても良いそうなので、今日はなんとかがまんのこさせて(出来たのかなあ?)

明日から明け渡して様子見ようと思っています。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-03-23 23:28 | 日々想う