一足飛びに飛び越えて・・

f0074659_0141247.jpg
僕の歩く道を毎週、一応見てます。
ドラマを見ること自体珍しいのですけど(^^;
(とはいえいつも最初が見れてませんが)

これ見てると頭をよぎるのが
幸せってなんだろうってこと。

ドナウイリアムスが著書「自閉症だった私へ」の中のあとがきだったろうか
彼女は家族や周りからかなりの虐待されて無理解の中で育ったのがけれど
その彼女が(そういう仕打ちをされたことによって結果としていろいろなことを身につけられることが出来たので)幸せだったのだと語っている。

これは私にとってはかなり衝撃で。
何故かというと、明らかに悪い影響だとしか思えないような仕打ちの中で
本当の自分を追い求めていくことが出来るようになったということは
自分の価値観をひっくり返されたような気分でした。

教育って何だろう?
本当の幸せって何だろう?

表情や態度というものは表層的なもので
多数派の世間というものの中で
少数派の感覚を持った彼らは自分を隠したり色々な手段を悲しい努力の中で報われずに誤解を受け続けることもけして少なくはなくて。

一筋縄でいかないのは嫌というほど経験して判ってるつもりでも
もしかしたら・・こうしたらいいのでは?だの
ちょっとうまくいった事例があることが
もしかしたら良い方向に進められるのではないか?だの
もっと小さいときにもっとわかりやすい形で理解が広がるように出来ないものか・・

どんな思いや経験でも
その人なりの大事な必要な時間だと判っていても
一足飛びに何かできるんじゃないかだの・・

その人の本当の幸せなんて
きっと時間が過ぎてしまわなければ
本人でなければ分かりなどしないのに・・・

ドラマをみてて周りを見てて、
どこか焦ってる自分がいて
ちょっぴり歯がゆく思ってしまう今日この頃・・。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-11-01 00:14 | 日々想う