協定なのかしらん?

バラゾウムシという黒い芥子粒みたいな虫の被害がちらほら聞かれ始めておりまして。
ご多分にもれず、うちにもやってきておりました。
ピーさんの蕾にぽちっとな。
バラの枝の一番高い場所の蕾やら新芽の根元にぽちっと卵を産み付け
それらをくたくたにしてしまったり下に落としてしまいます。
可愛い蕾たちがぶっつり無くなったり見るも無惨な姿になりはてます。
でも毎日みてるのに一つか二つくらいしか見あたらないから虫の種類が違うんだろうか?
と思ってましたけど、敵もさる者、いつもみない場所を見上げてみたら
私の背の届かない見えない部分がずらずらっとくたくたになっておりました。

・・・す、凄い!
見えてない部分を綺麗にくたくたにしてるぅ!
オマケにっていうか、見えてないんだから当然というか、この前木酢液の忌避剤まいたとこじゃない所だし。忌避剤が凄いのかしらん?とも感心することしきり・・

ちょっと前からコガネムシやらナメクジなどの虫たちは根っこや花を食べてしまったり
見た目も気持ち悪かったりとガーデナーからは嫌がられるものだけど
自然にいるモノなんだから、いらない訳がないんでしょうねと。
はたしていったい何のためにいるのかしらと考えてみたりしていて。
雑草を抜いたりしてると、植物のたくましさを思う。
このたくましさに対抗するにはささいな根っこは食べ尽くすコガネムシの幼虫も必要であろうし。
夜な夜な花びらや新芽をかじるナメクジだって立派な役割があるんでしょうしね。

ならばゾウムシもなんで発生するかと言えば
一季咲きのバラは特にこれでもかと大量に蕾を付ける。
それを狙って来るんでしょうね。
虫にでも食べてもらわねばその数はすさまじい。
全部咲いたら、そのままだったら木も弱らないのかな?
咲いたら花殻を取ってしまって剪定もするけど、しなかったら伸び放題、実もなり放題で
返って弱ってしまうかもしれない。
虫などがいればこそ、の戦略としての開花であり成長ではないのかしらん。。
虫だって同じ事で膨大に大発生して増えたとしても一時期のことで環境が合わなければまた一定の量に落ち着くモノなんだそうだ。

虫がつかないように~なんて勝手な都合なんだったりしないんだろうか。。

案外一季咲きの花につくってことは、花と虫との協定なんじゃなかろうか?
そんなことを考えていると人間様が都合のいいように育てたところで
どっちが果たして良いことなのか判らなくなりそうだけど。。。

でもね~
とりあえず花が咲くのを楽しみにしている方もいることだし。。
とにかく今は私の都合で育てていたりするんですけど
ゾウムシさんやらアブラムシさんやらが大発生するのは、さすがにちょっと困るんで
申し訳ないけど卵が産み付けられているであろう、くたくたと折れている部分を手が届かないので古い鉄製のバケツを台にして背伸びしながら全て取り除き、霧吹きで忌避剤を吹き付けている私だったりしたのでした。

でも虫ってけっこう凄いんだな~と感心することしきり。
見つけ次第手で取っちゃうんですけどね。ごめんね。

とまあ初心者同然のひよっこガーデナーは何にでも感心してしまうのでした。。
それにしても以前は虫のことを地球外生物を忌み嫌ってた私が変われば変わるもんですな・・。
その方が凄いことだったりして?
[PR]

by rakudamaru2 | 2007-04-24 22:15 | 日々想う