来年のたくらみとして

発泡スチロールで育ててみたい。
深さと広さが適当な箱をもちい(30㎝~40㎝四方くらいのもの。今もらってきたのはエノキダケと椎茸の箱。椎茸は長いので寄せ植えに)
鉢底石の変わりに炭を敷きつめ
プラ鉢より断熱性、保温性に優れるので暑さや冷えすぎを防ぐことと、鉢よりも地植に近いスペースの確保が目的(12号~くらいのサイズなので)
赤玉土を主体に牛糞(もしくは馬糞など)
自家製のボカシ肥料、骨粉、ニームケーキを炭などを混ぜ植え込む。
置き場所は軒下。
これは一応暑さに弱そうな且つ午後には日差しが望めない位置のため多少の日陰でも育ちやすそうなER対象。
いずれも病害に比較的耐性のある扱いやすい品種をセレクト済みだけれど
うどん粉病、黒点病対策として
木酢液、キトサン、ボカシ肥料(自家製)等の健闘を期待。

吸汁性の虫に対してニームケーキの健闘も期待。
こちら2点は資材を少しづつではあるが投入済みのため
以降も取り入れ、その成果をみて再び検討。

今年、わりと良好な成績をしているのがシャリファアスマさん
頂いた時は小さな苗だったのですがすくすく育っていてかなり芽も出そろってきてます。
今回はスリット鉢なのでスリット鉢との違いを検証予定。
ただ黒点病にややかかりやすい様なので対策が必要かな?

後は見た目。
これは簡易的な飾り枠を設定、もしくは他の鉢などでカバーかな?
[PR]

by rakudamaru2 | 2007-09-10 00:32 | 花(バラ)