美術館へ

倉敷に来て十数年。
実は初めて大原美術館へ行きました(^^;

実は息子が暗いイベント会場など入れなかった過去がかなりあって
行きたくても夢のまた夢だったのでした。
とっても近くなのに、です(^^;>車で十数分
今回娘が行ってみたい!というので(学校の先生にいっとくものだと吹き込まれたからです)
じゃあちょうど帰省してたカッパ君とみんなで行ってみようかということで実現致しました。

最近、薔薇もフランスに被れていてフランスの薔薇にぞっこんになりかけてた私。
いきなり美術館に入ったらおフランスの絵ばかりでビビりったりして(←おバカ)
絵と言えばフランスが本場だろうし当たり前なんでしょうけれど
でもモネやルノワールの作品に何故かちょっとドキドキもしました。
今までは正直、これらの作家にはロクに興味もなかったのに、変なものですね。

撮影は禁止だったのとあいにくの雨模様でしたのと子供連れでしたのでろくに写真は撮っていません~!
が!
なんと!モネの睡蓮が咲いておりました!
f0074659_23393473.jpg

初めて見ましたが、いくつも咲いててびっくり!
f0074659_2340712.jpg

それもとても綺麗。かなり感動~!
f0074659_23404115.jpg

なかなか可憐でしょ?
f0074659_23414613.jpg

葉っぱがまあるいから温帯睡蓮ですね(^^)

後の仏像などの東洋工芸美術はともかく
抽象画、現代アートになるともう・・・
奥が深すぎて判らないのが残念でしたが。
古い建物が嬉しくて(蔵や貯蔵庫が使ってあるようです)立派な梁や柱をさすったり眺めたり
木のタイルみたいなのに感動したり・・。
美術品も良いのでしょうけれど建物自体がとても素敵で嬉しがっておりました(^^)
娘にはともかく下のチビちゃん達には皆目分からなかったようで(ごめんね)
それでも私はこういうところに一緒に来れた、と言うだけでその成長がずいぶん嬉しかったりしたのでした(^^)

実は見ている間、ちょっと楽しいエピソードがあって
抽象画の所で私だけ引っかかり(フォンタナの「空間概念」という作品)真っ赤に塗られたキャンパスに3本の切り込みがあってそこから下の黒い色が見えてるという斬新な作品なんですが
絵の具が水彩なんですね。これにいたく感動してしまってました。
なぜかっ?ていうと。
ムラがない!色あせが全くない!なんでや~!
いったい全体どれだけの絵の具をつこうたんや~?!みたいな・・
(完璧見所がずれております。・・・アホ丸出しかも~?)
これを外国の方が日本の通訳の方とみてらしゃっていてそのお話しも幸運なことに聞けてしまった。というかお仲間に入れて頂いたような感じ・・なんですが。
切り込みではなく描いたもので横から見ると実は平面の絵なんだと言われるわけです。
ぜひ横から見て!、とその一行の方に促されしばし眺める人々。

私も促されて横から眺めてみてみました。
・・・・う~ん・・
・・・横から見ても・・・・・私には切り込みに見えます・・・が~・・・

だいたい水彩絵の具でその表現は無理があるんでは~?。。。とも思いましたが
その発見にいたく皆さん感動していらっしゃるし、
私も近眼でもありますし。どうなんだろ??
そこら辺はど~うも定かじゃないので、そこはそれ以上追求せず
そのままにして後にしました。

あとでショップで解説本を見直すと、どうも切り込みで正解のようです。
な~んだ。

でも。
その視点とか感動の仕方にふれた事の方が何より私には新鮮で、思い出すと顔がほころんでしまいます。
きっと作者の意図もそこら辺にあるのだろうなと思うと、その事柄がますます嬉しくなりました。
ちょっと貴重な経験だわと胸に刻んだ次第。
きっと一生忘れないでしょう。
あの時いた方、おしゃべりした方々、どうもありがとうございました(^^)

ちなみに。
先生に素晴らしい美術館と吹き込まれていた娘は現在「西遊記」とか「手塚治虫作品」に被れているので鳳凰だのガンダーラの仏像に見入っていたのでした(ぷぷ)
f0074659_2355524.jpg

後は隣のエルグレコ(昔から有るという有名な喫茶店)でお茶をして
前を流れる川の鯉やら鳩にエサをあげて帰ってきました(^^)

あいにくの雨で写真はこれくらい・・。美観地区のとある店先のもの。
後で知ったんですが招き猫祭りをしてたようです>美観地区
f0074659_23562542.jpg

一緒に写真を撮ると幸せになるんだとか書いてありますが。
写真を見るだけでも幸せのお裾分けが有るといいですよね♪(笑)
[PR]

by rakudamaru2 | 2007-09-25 23:57 | 日常だべ