カテゴリ:日々想う( 43 )

声なき悲鳴

今日ニュースで。
勤務時間の撤廃などが組み込まれた法案がどうも強行されそうな気配のニュースが出てました。
ホワイトカラーエグゼンプションのウィキペディア
ホワイトカラーエグゼンプションの関連記事
今までの時間給ではなく成果報酬という形態をとり、より企業や経済の合理化を促したい、という意想があるようで。

確かに一理ある面もあるし判らないではないのですが
その前に職場の嫌がらせやいじめ、超過労働で死亡したケースなどの報道があったばかり。
これは管理職に適用という事らしいのだけど、
管理職に残業を認めず、成果主義に法から徹すればそれを免罪符にして
今まで以上に強行に働かせる企業が出てくるだろうし
管理職という年代、いわゆる人間的な発達面から行けば更年期の年代で一番不安定になりやすい時期にこれを強行し、気負ってしまうような人を増やすだけに思えてしまい、今までも大変な政策やら改正やらあったけど、これはもっと大変な事になりはしないか?
私ら素人からみても、かなり無理があるような気がしてなりませんで。。

後もう一つ、不安の材料が。。
ごく近くに針金を巻かれた犬が目撃されて、一見ごくごく普通に見えて首のあたりはばっくりさけてる・・かなり痛々しい姿がニュースに出たのでした。
誰かに小さいときにでも首に巻かれて放置されたに違いありません。
小さい生き物にこういう被害。。
人の心がかなり危険になってる証拠に思えて。

近くに山や田んぼのど真ん中を潰して中途半端な道路が出来たこのあたり。。
誰に言ってもうなずいてはもらえないけどこの喧噪は無関係ではないような気がして・・。
社会も環境も変わり、人の心も悲鳴を上げてそう・・。
せめて、負けないよう祈りを込めて生きなくては。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-12-21 22:33 | 日々想う

ネタがない・・こともなく・・

f0074659_21392748.jpg
先日、おじじを病院に連れて行ったら
息子が療育施設に通ってた頃の同期の親子さんに偶然お会いしました。
その当時、体格が息子が一番大きくて、その子が一番ちっちゃかったのです。
同じ年なのだけどその差は大きくて、でも魅力的なのはどの子も同じ事。
とても印象的に覚えてました。(というか、うちの息子が当時ず~~っとアタックし続けてた女の子だったのでした・・>振られ続けておりましたが)

今ではうちの子は私と同じ背丈ほどになってとうに体重も超してしまったけど
その子はちょうど私がしゃがんだ目線。
でもすっかり女の子らしくなって大きくなったよね。
私が会えた感激ではしゃぐものだからびっくりさせちゃったのですけど。。。

で。
今はすっかりご無沙汰してますが
今でも年賀状のやりとりをしていて、というか
私が毎年わりと近況報告を兼ねた凝った?賀状を送るものだから
それを毎年楽しみにしてるからまた送ってね~と言われてしましました~。
ああああ・・もういい加減子供のネタらしいネタが無くなってきたしそろそろ止めようかなと思うけど毎年誰か彼かからそう言われて(ありがたいことです)結局未だ(調子こいて)数人の方には送り続けているのでした・・。
うう、ガンバリマスぅ~・・・たぶん。。。たぶんね。

う~ん、まあ・・書くことはあるんですけれど・・
ちょっと問題が・・・
でもマジで使える写真が・・・ないかも・・(汗)
手書きかしら??・・・(滝汗)

あ、そうそう、今日カワイイいのししシールを見つけましたぁ~~!(もしも~し?)
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-11-10 21:39 | 日々想う

一足飛びに飛び越えて・・

f0074659_0141247.jpg
僕の歩く道を毎週、一応見てます。
ドラマを見ること自体珍しいのですけど(^^;
(とはいえいつも最初が見れてませんが)

これ見てると頭をよぎるのが
幸せってなんだろうってこと。

ドナウイリアムスが著書「自閉症だった私へ」の中のあとがきだったろうか
彼女は家族や周りからかなりの虐待されて無理解の中で育ったのがけれど
その彼女が(そういう仕打ちをされたことによって結果としていろいろなことを身につけられることが出来たので)幸せだったのだと語っている。

これは私にとってはかなり衝撃で。
何故かというと、明らかに悪い影響だとしか思えないような仕打ちの中で
本当の自分を追い求めていくことが出来るようになったということは
自分の価値観をひっくり返されたような気分でした。

教育って何だろう?
本当の幸せって何だろう?

表情や態度というものは表層的なもので
多数派の世間というものの中で
少数派の感覚を持った彼らは自分を隠したり色々な手段を悲しい努力の中で報われずに誤解を受け続けることもけして少なくはなくて。

一筋縄でいかないのは嫌というほど経験して判ってるつもりでも
もしかしたら・・こうしたらいいのでは?だの
ちょっとうまくいった事例があることが
もしかしたら良い方向に進められるのではないか?だの
もっと小さいときにもっとわかりやすい形で理解が広がるように出来ないものか・・

どんな思いや経験でも
その人なりの大事な必要な時間だと判っていても
一足飛びに何かできるんじゃないかだの・・

その人の本当の幸せなんて
きっと時間が過ぎてしまわなければ
本人でなければ分かりなどしないのに・・・

ドラマをみてて周りを見てて、
どこか焦ってる自分がいて
ちょっぴり歯がゆく思ってしまう今日この頃・・。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-11-01 00:14 | 日々想う

息子との距離

長男はただいま小5。
軽度発達障害があるので特殊学級と学年とのクラスを行き来しております。
ところが最近、クラスとの子とトラブルがあって。
以来クラスに行くのをしぶってるご様子。

彼は、認知する部分に障害があって出来る部分と出来ない部分の差が通常の子よりも遙かに大きいのでした。
なんてかくと判りにくいでしょうが、まあ要するに物事に過敏な部分があって、普通より我慢が難しいのかも・・。

学校が何が良いって、年間行事が割と決まってるのが良いのかな。
時間割で物事が進むので、特殊にいる分には変化が通常級よりも緩やかなので見通しが立ちやすく5年も同じような事をしてきてる彼には暮らしやすいご様子でした。

んですがね。
思えば今年から二学期制が導入されまして。
担任もクラスのこの移動も多少ありまして。。
私達からして観りゃ(二学期制はめんどくさくてなじめないものの)なんて事はない変化ですが
なんとなく彼の言動が最近微妙。。
思春期ですから~っとも思ってたけど。。それだけじゃないかも・・。

朝、学校によったら、なにやらいつになく険しいお顔で
いろんなことをぶつぶついっておりました。
ありゃりゃ?家じゃこんな事なかったぞぃ。
何かとちゅうであったのかな?

聞けば今日から学年のクラスの先生も体調不良でお休みになったとか・・。
慣れない二学期制にもなんかあったのかな??

体勢を立て直そうと昔の手を使ってみたらかわされてしまった。
(くるくる一緒に回る)
そっか~はずかしいんか~~!

昨日の番組で
自閉症の理解が広がればいい、という意見に引っかかってた私。

理解なんておこがましいだよね。
自分の子供も理解してないのに、人に理解してなんてとてもとても言えませんよ。

一場面で周りの人が主人公のすることに
「ありえね~!」というコメント。

そのありえね~!が当たり前にあるんだというのを知ってもらえるだけでそれで良いんじゃないかしらん。
ありえね~を突き崩して
どうすりゃ良いのかな?

その積み重ねでございますよ。

あ~思春期。
どうするよ。なのに私くるくる回ってみちゃったよ。おいついてないよ。

取りあえず「相手の子も辛いことがあって判って欲しくて乱暴してることもあるんだよ。
それも判ってあげようね」

などと根気よく話してみたら
「なんのこと?」と最初きょとんとしていたけど
はなしてくうちにいつもの穏やかな表情が戻って来たのでした。

どういうタイミングで話すか、それが問題って事かな?
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-10-11 23:24 | 日々想う

空に想う・・

f0074659_1544891.jpg

19日の夕焼け・・。
あの日間抜けだった私は、ずっと花の世話の合間やら車の運転の合間やらで空を眺めてた。

この日、ゆっくり眺めたのは夕方、買い物に出たとき。
やっとたひさんの事を想えた。
雲のデザインや色あいは空からの贈り物のよう・・。

空をじっくり眺めたかったのに
用事がバタバタと続いた。

でもちょっと距離のある用事に出ようとすると足止めがかかり(やれお客が来たの、息子が熱が出ただのと電話が入って戻らなくちゃならない事が続いて)家にその度引き返しまして。
某E原氏の言葉に
うまくいかないときは見直しなさいとのメッセージですとか何とか言う言葉が頭をよぎり・・。
行ってしまえば2,3時間はかかるその用事、なのにあまりにも足止めされるので
なんでかなあ~とふと思い、念のため頼まれた書類を確かめた。ら。

・・・見事なまでの不備書類でした・・(滝汗)

全部行かなくて良かったぁ~。

はてさて。どちら様が仕組んでくれたのでしょう??
とんでもなくわかりやす~~いメッセージをありがとございます!だったのでした。

ちなみに次の日、ちゃんと整えて無事とどけましたよ。

この日の空の雲は
いつになく可愛らしく感じて・・。
空を眺めるのにちょっと気合いが入ってたかもしれません(ちょっと危ない・・)

動物好きな彼女の贈り物かもしれないと思いながら・・。
f0074659_1624575.jpg

カメラ向けたら崩れちゃったけどぞうさん(ダンボみたいだった)雲

あれからずっと秋晴れが続く。
そしてまた広がる鱗雲に、鳥が羽を広げたように広がるすじ雲にひたすら想いが飛んでしまうのでした。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-09-22 16:03 | 日々想う

雑誌の広告に驚く

ちょっと前のはなしですが(^_^;)

女性週刊誌
話題が刺激の多いモノが多いので読んでてけっこう不愉快な為
おばば様が暇つぶしのために買うくらいしか普段から買わないんですが先日見て驚きました。

とある雑誌の
占い師の紹介広告のあまりの多さに。
最初はふんふんとか思ってたんですがあまりにあちこちに渡り、紹介ページが続くので驚いて。

紹介文にも
ちょっとこれは・・と言うモノがずらずらと並んできて、さらに驚いてしまいました。

え~~~~~~・・

こんな記事にお願いする人がいるのかしらと思いつつ
自分を振り返って占い嫌いじゃないからなあ~~

好きになったら仕方ないのかなあ~~~~・・。
こういう人も仕事だしねえ・・。

・・・・・でもねえ~。

こんな広告鵜呑みにして頼むより
心理学の勉強したり自分磨く方が早いというか、ずっと安心できたり落ち着くのでは??
占い師に依存しても幸せにはならないと思うが・・。

ちなみにそんな広告ずらずら並べてるのはその雑誌だけのようで。
他の本はあってもせいぜい2~3ページほど。
宣伝文句もまあそれなりですし。

その雑誌はかなりの枚数、2~4ページほどのコーナーが数回に分けて掲載。
それも上にも書いたけど、念を送って復縁応援みたいな謳い文句がとてもとても目立ったのよね。
それともあの号が特別だったのかなあ・・。

単に私が遅れてるだけだったり??(なら遅れてて良い・・・・かもですぅ)
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-09-05 14:06 | 日々想う

戦争を知らないこどもたち

戦後61年。
終戦記念日を迎えた。

いろいろな戦争の話やイベントの話などなるべく耳を傾けるのだけど。
それでも私は戦争を知らない。
話の上でしか知らない。

小学校の最初の担任の先生が延岡大空襲の経験者で
二年生のある日だったと思うが私達に話をしてくれた。
逃げ遅れて運動場で防空壕まで走る話がなんとなく今でも頭に残っている。

夏が近づくにつれ
戦争知らないこどもたち、と言う唄が頭をよぎる。
私達の頃はまだ戦争を知った人たちがたくさんいて
知らない私達にそれでも色んな形で影を落としていた。
その象徴的な唄がこれだったのかなと思っている。
この唄はあちこちで色んな場面でうたわされた気がする。

悲惨な犯罪もふえ、社会事情は悪化していくように見える。
そんな中、世界では戦争は無くならない。

それでも私達は戦争を知らない。
話でしか知らない。
知らない人が圧倒的に増えた今。

試しに先日娘にこの唄を知ってるかと聞いた。
明るい声でまったく知らない、とそんな唄があるのかとびっくりされた。

いろんな所に
出来れば娘やこどもたちと行って私も考えなければならないのでは
思ってるのだけれど、なかなか現実にはうまくいかない。
f0074659_0105583.jpg

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先日から以下の署名活動を応援しています。
おかげさまで1200人を突破してる模様です。

署名活動をされてるHPはこちら↓
卵巣癌がんと闘うかあさん頑張れTOP

携帯へのアドレス(どちらも可能かと)
パソコンをお持ちでない方は下記のアドレスからお願いいたします。

鈴木さんの書面上に書いてあったアドレス
http://yeti6.s196.xrea.com/cgi-bin/csvmail_v4s/sample.html

カタギさん制作のアドレス
http://mobile.e-ryouiku.net/
(こちらも鈴木サンへ届きます)

引き続き未承認薬の承認へのご理解、ご協力をお願いいたします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ひめさんのブログ
厚生省に動きがあったというニュースが書いてありました。
詳細はこちら

時期からして署名活動が直接、関与したと言うことはちょっと考えにくいとはいえ
患者がより良い治療法を利用できるようなるべく良い方向に進むように祈るばかりです。
(※署名活動のコメント人数の訂正をしていなかったので17日午後に訂正いたしました)
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-08-17 00:10 | 日々想う

花に水をやるように

今朝ふと水をあげるときに気がついたのですが
白いひらひらした蕾が開きかけてました。
朝は粉粧楼かと思ってたんですが、夕方よくよく見たらマーガレットメリルでした。
いつの間にか粉粧楼を追い越したメリルちゃんか~。
こちらが暑さにぼけ~っとしてる間にも花は育っていくものなんですね。

色んな事に向かうときに
実に色んな困難にぶち当たることでしょう。
人に理解を求めるとき、
社会に理解を求めるとき
限界と非力さも感じ打ちのめされることもあるでしょう。
でも、おそらくはそんなことも無駄にはならないのではないかと。
一つ一つ何を受け止め、紡いでいくのかはそれぞれの生き方、とらえ方の違いで全く異なってくるのでしょうが。

明日
世界の終わりが来るとしても
私は林檎の苗を植えよう。

特別なことがあっても当たり前に生きたい。
ごく簡単に当然のことと思えることが実は一番難しいのかもしれないけれど
花に水をやり続けるようにこうありたいと思うのでした。

私のうちでは林檎の苗ではないけれど・・・・。
さしずめ今年はトマトであったり薔薇やアジサイであったりするのかな・・(^^ゞ


そうそう。
話は全く違いますが
先ほどのローカルニュースで。
しないの公営プールが営業停止になってるとのこと。
一回しか言わなかったので間違いかもですが再会未定????
いつも利用してる屋内も~???
ぎょえええ~~!!
今年の夏は倉敷市内の市営プール全滅かも・・・。(T_T)
安全のためとはいえ、ちょっとショックというか・・。
いずれも古い施設だから仕方なかったのか?とはいえ・・なんともはやいささか複雑な気も否めませんね。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先日から以下の署名活動を応援しています。
おかげさまで800人を突破してる模様です。

署名活動をされてるHPはこちら↓
卵巣癌がんと闘うかあさん頑張れTOP

引き続き未承認薬の承認へのご理解、ご協力をお願いいたします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-08-09 23:24 | 日々想う

どうしても引っかかるもの

無言館展」が岡山市デジタルミュージアムで始まった。
これを知ったのは山陽新聞の特集記事からだった。

若くして戦争で亡くなった方達の遺作展である。
目にとまったのは、そのすがすがしいタッチの絵だった。

今なんといって語っていったらいいのかどうにも判らなくて詳しくは書かないけれど
調べるといくつか出てきた。
無言館のこと

戦争前の華やかな時代と戦争前後の悲惨さのギャップを考えると実はとても辛い。
今でも某局の朝ドラでもいよいよ戦争の影が見えてきた。
幸せな場面ほど、余計にこの後にくる時代が見え隠れして見ていて痛々しい。

なんで、こんなにも頭から離れないのか。

ずっと昔からどこかにずっと隣り合わせで背負っている様な気がしてならない。
戦争もけして人ごとではない。けして遠い話でもない。
むしろあの時代に似た素因が今有ることをほのめかす人すらいるのだが。

あの戦いで亡くしてしまったものはあまりにも多すぎる。
それに本当の意味で気が付いて語る人は少ない様な気もする。
悲しみなどだけではなく複雑な想いと、遺されたものを改めて見つめて
呼び起こし取り戻さなくてはなくてはならないのかもしれない気もして・・。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-06-03 21:40 | 日々想う

活動の狭間

先日言われてたプレジョブの話を知り合いの方に話に行ってみた。

昨日いきなり行ったのだけど
いろいろボランティアの現状など簡単にお話しもして下さった。
現状はちょっと厳しいらしい。

プレジョブはそんなに堅苦しくはない活動の一環だから
それほど気構えなくても良いのだけど
やはり始める前は誰だって不安。

動けば何とかなる。
動かないと前に進まないよ~と今日も最後の方で言われてしまった。

それは判っているのだが・・。
地域と言うより
今のうちの現状が・・・かなり厳しくなってきました。

家人が年寄りなため、それに振り回されていると言うのが現状で。。
実はこの話するために(一時間前後のことなんだけどね)家を空けただけでも、ものすごい事になってしまう。

ウチをあけられない
活動が出来にくい現状にいつものこととはいえ体調の悪さも加わりやや凹んでしまいました。

ま、びっしり仕事してる方に比べたら
融通付くほうなんでしょうけど・・
よっぽど調子が良くないと・・買い物や参観など以外で2時間以上どころかろくに家をあけれません。

まあ日常生活、みなおせって事かな、とは思うのだけど。
見直すために誰か気力と体力分けてくださいって気分です。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-06-02 20:08 | 日々想う