カテゴリ:日々想う( 43 )

疲れてても

最近、体調は宜しくはないので
今日はちびもプール行かないし・・(ああ・・最後なのにもったいないが)
ゆっくり寝たいところだけど廃品回収の日なので、
廃品を表に出して・・。
ふっと見回すと昨日あまりかまえなかったので花達が
「かあちゃん、こんなになってんで」
と人間様のごとくしゃべりはしないのだけれど、大いに
うなだれたり茶色くなってたりと実に雄弁でございまして・・。
「こうなってんで~どうにかしてや~」とか
「ほら、こうなってな~どうするん~?」とかとか・・
要するに一通り見回らないといけないのでした。
古株のミニバラちゃんは、ちょっとまだ蕾がたくさんついてましたがほとんどがうどんことアブラムシにやられてしまってたので、綺麗な低めの部分をちょっとだけ残す程度にし深めに剪定しました。

まあ、それでも今日はそれくらい・・。
粉粧楼もとうとう枯れてしまったような気配。
ちょっと残念だけど、植物はまた植えればいいしね。
やっと踏ん切りが付いたかも。
まあいつか、低農薬で育ててある株を買ってまたチャレンジして見ようかと。

それでもかなり体調が悪くて・・。
でも電話が・・
他の家族に任せりゃ良いや~と
ぼ~っっとしてたら・・・・。
私宛でした。
あらららら・・。

実は息子達みたいな障害児に有償のボランティアさんを付けて
地域の職場に送り出そう、という事をうちの市では、学区単位で行えるようになってきてます。
まだ市の補助を受けたばかりの始まったばかりのシステムなので
判らないことだらけなのだけど、バックアップが強力なのもあり
うちはまだ対象年齢になったばかりで、学区でも始めたばかりだからと
ちょっと一息ついてのんびりしてたのだが
もともと話が回ってきた頃から注目してきてて
自分からあちこちに話をばらまいてきてたものですから
来週にこの地域でまずは話を広めたいと会を開くので
主要な方に声をかけたり参加をうながして欲しいとの電話だったのでした・・。

ああ~そんな、そんな大事な電話だというのに
ぼけぼけぼけ~~としていて、すいませんでした~~。

この後こども会の方も来られてたのも
同じくぼけ~~っとしてて(と言うより寝てました。チビが転がってる私に布団掛けてくれてました)
出るのにものすご~~いお待たせいたしました・・。あああああ・・。

今はずいぶん落ち着きましたけど・・。
今日は本気でしんどかったんですぅ~~。

しかし・・・

色んな事があるのだけど、
子供のことはずいぶん考えてる間もないほど
進んできてしまってるような気がします。

進まないときはホントに進まないのだけど、
あちこちにタネは常にばらまいてきてるからなのでしょうか?
息子のことに関しては、時に私の予測を越えて進んできています。

たまに
先日、書いてはいませんが息子のことで久しぶりにトラブル。
それもトラブルになると半端ではないものだったりする。
病院にかかったりすることも
ものを持って謝罪にいくと言うこともたまにあります。
学校側が今回はよく理解してくださってるので
対処も後処理もして下さったので、今回私の出る幕はなかったのですが・・。
守ってくれる学校と言う組織が無くなったら
どうなるのかな?

軽度の・・でも障害があるのには変わりなく
そこで地域への理解啓発活動も担える、この活動には着目と期待は大いにしたいのだけど。

母親や保護者だけの活動では限界があり
学校や組織を動かすのはとても大変だったりします。
その限界を知った上で活動と知識を持って行かないといけません。

今回この活動を
動かしてるのは、企業側の方とある先生の力が実は大きいのでした。
詳しく聞いていくと動き方が半端じゃありません。
中からが無理な外堀から、と言う作戦にぼやぼやしてると置いて行かれてしまいそうです。

くらくらしてる頭には
ぼんやりとしか頭が働かず・・・

ああ、誰さんと誰さんにとりあえず話し持ってかなあかんかなあ・・・。

息子の事だと情におぼれてる暇が実はあまりないのです。
こういわれたああいわれたとか、長々と悩まないわけではないのですが
ある意味、一歩も二歩も引いて、突き放して多角的にとらえて考えいかないと物事が進まないのですよね。
動いてから、ダメだったらそこでまた考える。
考えつくことでできる事は無理のない範囲でやってみる。
それ以上でも以下でもないのです。

たぶん。
私が今死んだとしても息子の心配はある意味できません。
そんな執着は持たないように出来るだけ考えていこうと思ってます。
それは息子の人生であって
私は私で、学ぶことのステージが全く違うから。
最悪、のたれ死んだとしても、彼の人生。私の人生。
どんなに端から見たらどんなに愚かであっても。

でもですね~ガンの再検査に掛かったときにも家族に言ったんですが
ふと見ると私の生命線
ぐるっと手首回ってましてね。当分死にそうにないんですよ・・わらえるわ・・。

ある意味業が深いのねえ・・・きっと。
きっとなかなか死にませんって。

つうことで、うだうだ考えない訳じゃありませんが
ごろごろしつつもあれやこれやと背中押される休みだったのでした。

でも
頑張るの、もちょっと待ってよ・・。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-05-28 21:21 | 日々想う

虫と格闘中

う~ん
最近バラの様子を見ていて
手がかかっているのは実は他のものである。

バラが農薬なしでは咲かないなんて・・

どっちかというと
他の植物と手間はさして変わらないぞ。
昨日はもっこくと格闘。
今日雑草ちょっと手入れしようっと。

ということで
休み中、娘達にパソコンを奪われ
私は庭で格闘しているためほとんどさわれません。
でも休み中、きっとみなさんも似たようなものでしょう。気温差が激しいです
お気を付けてお過ごしくださいね。

あとさわれるときには、他の検索中。主にバラの方面だけど。
思わぬ所に色々考察が飛んでおもしろいです。

なかなか興味深いので後日紹介しますね。
f0074659_73556100.jpg

[PR]

by rakudamaru2 | 2006-05-05 07:35 | 日々想う

ほほほほほ・・

先日、鉢の数を数えてみました・・。
f0074659_22375888.jpg

実は軽く50を越えてました・・(^_^;)
え~っと・・細かいのとか、挿し木の分とか入れたらちょっと・・どうなるか判りません~。
庭植えのもあるんですから、同じ種類の物もあるとはいえ・・いったい何種類の植物があるんでしょうか~?

で。
子供用にと野菜の苗も買ってしまいました。(ミニトマト2ポット、ピーマン、ナス、キュウリ各1ポット)
いったいどこにおいてどう世話をするのでしょうか?
あそこに置けばいいかな~?と思うものの・・。

今は小さいから良いけど
夏も盛りになったらあっちもこっちもジャングルになってないかしら??(滝汗)

なんてね。
たぶん春の植物たちは暑さに弱くて枯れてしまう(予定だ)し~。
チューリップだって夏前にはほりあげるしぃ~。

・・・そうなったら数も減る・・・はず!?
(その代わり茂ってるわね、色んなものが・・(汗)
f0074659_230673.jpg

先日、この可愛らしい様子と安さに負けて(150円也)買ってしまったオダマキ バロー(ブルーとピンクを一つづつ)うちのが待ちきれなくて・・。
でも安かったせいでしょうか?葉が黒くなってたので・・
ひょっとしたら病気かも?と怖くて傷んで見える物は全部カットしました。
(だから、若い葉がちょろちょろしかもうないのよ~)
うちの西洋オダマキ、ジャングルとなってますけどまだ蕾も見えません~。
それでも蕾になりそうな枝(茎?)は伸びてきたのでした。やったぁ!
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-04-12 22:48 | 日々想う

あいにくの雨模様

f0074659_22204472.jpg

あいにくの雨模様・・

明日はまださらに降るのだそうで・・・
入学式なのですけど。

せっかくの見頃に降ってしまった雨だけど。
されど日々元気になっていく植物たちを見ているとそれもまた悪くはないかな。
銀の糸を見つめてふと想う。あくまで日常の一コマ・・。
今は雨を含んでうなだれた桜なのだけれど・・。

※ちょっと記録を見なきゃどういう露出でやったのか判らないのですが
今日ではなくて先日撮った220枚の中の一枚。光の加減でモノクロのようになってしまったのでした。面白いですよね。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-04-10 22:25 | 日々想う

この木、何の木?

はてさて。
この木は何だか判ります?
f0074659_2241149.jpg

柿の木です。
出先のお宅の裏の方にあるのですが。
実は私はこの柿の木がいつもなんだか・・とても気になるのです。

残念ながら、この写真では伝わりにくいのですけれど

山の陰になっているので、木全体が暗く影になり、まるで墨絵のようなんですね、この枝振りが。それが実に・・何とも言えず見事。ほれぼれしてしまうほど。
きっと古の方の描かれる墨絵の情景はまさにここにありって感じかな。
柿の木の枝がこうも見事だなんて、ここの木を見なければ気が付きませんでした。

この奥に桜のまだやや若い樹が数本植えられていて私はよくそこに待ち時間の間のちょこっとした時間にときおり駆け上がっていって見に行ってます。
春休み中子供を連れていたのでちょっとだけ一緒に行ってみたり・・。
秋にはクヌギかなあ?
大きなドングリから小さいのまで落ちているのです。
さらに奥に行くと帝釈天があるんだそうですが時間もないので行ったことはないのだけれど。

その途中にある木なので
よく立ち止まってはしばし見つめて帰ってくるのでした。
そこの桜はまだ若いので、その桜の木たちよりもこの木の方にひょっとしたら思い入れがあるのかもしれないですね。。。

それにしても・・。
この辺にも大木が多いかも?
f0074659_22343523.jpg

私の好きな白木蓮の大木もこの近くのお宅にあるのでした・・。
(写真は昨年の写真。でも今年も見事に咲いてました。)

しかし今日は風がもの凄く酷くて。一面黄砂でしょうか?一日中真っ白でした。
写真なんて撮るきにもなれなくて・・。でも桜は枝をゆらしながらもまだ散るときではないようで・・
ひたすら美しかったですよ・・。

明日自転車で走りましょうか~。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-04-08 22:29 | 日々想う

バカみたいに

色々迷ってるかもしれない。

自分で決めなければいけないのに。

誰かに
聞いてみたいような、いけないような。
f0074659_013222.jpg

岡山ではまだ桜(染井吉野)は咲いてない。
待ちかねた蕾が少しだけほころびはしてるようだけれど明日からの寒の戻りで
きっとしばしお預け。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-03-29 00:10 | 日々想う

やっぱり疲れてるかなあ・・

書くことは山ほどあれど・・
頭がおっついていかないのかもしれません。

つかれてるみたいだからと
おじじの付添断られ家にいたんですが。

代わりに行ったおばば様
夕方爆睡してた模様。

いつも私行ってて久しぶりだから疲れたのでしょうし。
いつもおばば様のが大変なのですよね。やっぱり。

で、結局イライラしてる私。
複雑。
f0074659_23185085.jpg

早く花が咲いて忙しくなればまた違ってくるかしらって思う自分にすら。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-03-28 22:49 | 日々想う

子供とネット。どう向き合うべきか。

最近。
言いだしたのは娘だったんですがお友だちがブログを作ったらしいのと私が色々やってるのも見てうらやましいらしく、自分もブログをやりたいと言いだした。
娘は今度中学なんですが。

巷では、しっかり者と言われる娘のようですが。
はっきり言って、ほわほわの箱入り娘(足サイズ規格外)
今日もすることもない退屈な様子に庭仕事の手伝いするのに
「そこら辺はわいといて!」と指示するも通らず。
「へ?え?はわく??何をどうするの???」
「なにぃ!日本語もわからんのくるぁ~!」と私に罵倒される始末。
(ほうきで掃くって事ですが、もしかしてもしかすると、はわくって方言かえ??

・・・・・。

こんなのが、どうひいき目に見てもとても言葉だけのネットで上手く立ち回れるとは思いがたく・・(滝汗)
結局、あなたにも使えそうな可愛いのを捜してあげるからと、そのまま
ずるずるずる~~っと渋っているのでしたが。

先日のこと。
息子(体格その他規格外)が
どうやら最近一般の掲示板でやってるらしい事へのご指摘を頂きました。
とても配慮頂いたご指摘だったのですが、
先日もチラッと触れたとおり、
いわゆるネチケットなど、考慮できるわけもなく。
ただかきたいことだけを描く息子は
どうやら先方でご迷惑をおかけしてるようでした。
このままでは良いとは思えないので
できれば、どうにかしてあげるにはどうしたらよいでしょうかと締め括られてもいました。

これには正直考え込んでしまいました。

というのが彼の理解力の問題です。
私がリハビリの先生に概念的な言語の理解力について質問したときのこと。
「言葉の理解力は小学校一年くらいって思ったらいいですかね?」
この時に先生は「う~ん」と先ず唸ったのですよね。
この場合、親の欲目は入れず、客観的に見るというよりもむしろ割り引いてみた方が良いだろうなと・・・。
つまり。
彼は出来ることは中学生並みかそれ以上で(注。一番得意なものを指した場合。もちろんそれよりも以下のものがたくさんある)
言葉の理解力になったら全てではないですがものによったら小学校低学年、もしくは幼稚園くらいのものがある、
これがおそらくは客観的な事実でしょう。
これがいわゆる障害というもの。
努力してもなかなか難しい部分という意味です。

おそらく
息子は配慮されたとしても
対応するレベルまでには行ってないと私は思うのです。

で。
今日、確認をしてみました。
「ちょっとここに座ってみてください。
えっとね、パソコンの掲示板に描いてるけれど絵を描くことが楽しいですか?
コメントに返事をもらうことが楽しいですか?
う~んと、絵を描くのが一番楽しいのかな?」
「うん!」(にこにこにこっ。。っと満面の笑み)
「コメントで会話するのより描くのが楽しいのかな?」
「うん!」(にこにこにこにこ・・あ~~・・)
「描いてれば楽しいのかな?」
「うん!」(にこにこにこにこにこ)
「じゃあ、絵が描ければ良いのね?」
「うん!」(にこにこにこにこ・・本気で嬉しそうです。)

あああ・・・。
学校で黒板いっぱいに毎日絵を描く息子。
落書き帳を渡せば一日で数十枚仕上げてしまう息子。
予想はしてましたけど描くのが楽しかったようです。

言葉の内容は「わかってる」と言ってましたが
本当の意味で判ってるのかは甚だ疑問。
それをキャッチボールするには、もっと時間が必要じゃないかと思ってます。
ですが禁止してしまうわけにもいきませんよね。
で。作りました。
彼専用の掲示板。
コメントはなくても良いそうなので、今日はなんとかがまんのこさせて(出来たのかなあ?)

明日から明け渡して様子見ようと思っています。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-03-23 23:28 | 日々想う

どこまで社交辞令?

先日髪を切った。
今回、毛先を巻いたりかんざしがつけるのに結ったりしたかったので、あんまりきらないでくださいと言ったはずだったのに
昨年切った際に「どうせ直ぐ伸びるんで思い切って切っちゃってかまいませ~ん!」とか言ってて実際に伸びてたからだろうか??
結局あれよあれよと思いきり切られてしまって昨年のようになっていた。
仕上がりは思い描いていた大人っぽいシルエットには、ほど遠いものであった。髪が傷むのがもうイヤで、もう色落とすのも懲りてたので今回の切ったらもう髪は真っ黒。
どっちかというと大人の女というより中坊のようである。
うううううぅ~
卒業式と入学式があるのにぃ~。
またザンバラで行くのぉ?

(さすがに、そんな髪型をどうにかごまかそうと思った?のか最後に編み込みとかしてくれてたけどね~~はあああああ・・)

そんとき
娘の卒業式が、と言ったら「幼稚園か保育園ですか~?」
「いや小学校です」「え~」
ちらっと、う~んいったいわたしゃいくつに見られてるのかな?と聞きたくなってもいたが
所詮社交辞令。褒めるのが商売。
まあこの時はこの髪型になるんじゃあ、無理もないかな?と思いもしたんだけど。

先日、おばば様と買い物に某百貨店へ。
そこで催し品の安い靴やらカバンを購入。
どこも子じゃれた所なんて行かないし普段履きだからそれはそれで良いのだが
ここでやたらと言われたのが「お嬢さま」

あ~~~
おばば様といったから、まあそれで親子だもんね
でも40前のおばはん捕まえて「お嬢さま」はやめてくだされ。
と思わなくもなかったが所詮社交辞令、聞き流すべきだわね。

で、今日
ヒツウチの電話があった。
「井上ともうしますが、お母様をお願いいたします」
・・・・・はて?
聞き慣れない声の上にこんな姓の親戚はいなかったはずだがなあと思い
失礼ですがどちらの井上様で?
と聞いたところ
岡山で家庭教師をしている云々と勧誘の話のようだった
電話でのセールスは断ってるのでと切ったのだが・・・・。

だがよ?
家庭教師ならば私の方に言うべきでないかえ?
いきなり「お母様の方をお願いします!」は、なかんべ?

セールスの仕方もマズいとは思うものの
・・・・・・・・・・悪かったな、お子様声で。
(前にも声のせいで対象外と判断されいきなり切られたことがある)

所詮社交辞令とかいう類の延長上とはいえ
ここまでなんか言われ続けると、ど~~~うもどうも気持ち悪いのは捻くれているんだろうか?
だってほんとに若けりゃ嬉しいんもんだろうが、しみもシワもそれなりに~だわよ?
くくく~~~~(泣

それとも、ひょっとして花育てたりしてる分、若くなってきてるのかしらん??(もしもし?)
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-03-17 22:45 | 日々想う

シシリエンヌ

今日は色々あったのですけど。
f0074659_23534311.jpg

とりあえず絵など描いてみましたが
久しぶりだったのでもっと色を思い切ってのせなければならないのですが
ちょっと落ち着いて描くほどの我慢が足りません。

本田美奈子.さんのアルバム「アヴェ・マリア」の中の「シシリエンヌ」がイメージ
もっと横流しの感じで描きたかったのですが
モデルにした本田さんの別アルバム「LIFE」ジャケット裏、まんまになってしまいました。

後、ほったらかしにしてるスクラップブックにでも
詩をつけて載せとこうかと思いますけど。

そう言えば
今日も庭で棚をぶちこわしておりました。
明日はブロック積んで、土をどうにかするつもりです。
でも、大人げな~~~いネタもありましたのでそれもそのうち書くかも・・・。
[PR]

by rakudamaru2 | 2006-03-13 23:52 | 日々想う